プラチナ研究会とは


プラチナ(白金)という金属ですが、コロイド状になると奥が深い物質です。実は素晴らしい作用を持っております。ここではその事を多くの方々に認識して欲しいと願って、私個人の責任においてプラチナ研究会というネーミングの下で、真実の情報をわかりやすく発信して参ります。

 

画像は液化からコロイド化する前の状態です。黄色状で渦を巻いて製造されています。


プラチナを特許技術で、ほぼ均等に小さく微粒子状したものがプラチナコロイドです。

コロイドとは超微粒子のこと。

コロイド状態は水の中で存在します。粉末のような形状やサイズではありません。

 

分かりやすくいうと、テレビのハヤタ隊員が「ウルトラマン」に変身したような感じです。

ハヤタ隊員が貴金属の普通の銀色をしたプラチナで、ウルトラマンがコロイド化した状態のプラチナ(サイ Sai)です。

様々な凄いパワーを持ってしまったのです。(笑)

質問コーナー


 

 まずプラチナの物語を語ります。

 

真っ黒になった液体。(白金コロイドの完成です。)


プラチナコロイド サイ(sai)との出会い。

ここに記す内容は全て真実です。

 

時は1998年、広島市のアクエリアス情報研究所という異業種の学びの組織に毎月1回通っておりました。学びって事よりもガソリンスタンドの親父の好奇心ですね。(苦笑)

時を同じく、創業者の奥様(私の母)が心臓の弁の作動不具合で二度目の心臓手術が始まるのでした。何とか手術が成功して欲しいと願うのは普通です。ネットでええ手立てを情報探し、そんな折に神の手の須磨先生とネットで繋がりアドバイスを受けたり、Oリングで身体に良いものを仕入れてみたり、様々な手立てを講じておったちゅーわけです。

 

広島の研究会で女性気功講師の存在を知り、その方から流れてきたのが当時のサイ(白金コロイド)です。最初は純金製のペンダントも購入したり、色々ありましたが、サイを持ってOリングテストをやってみたら、比較するものが無いほどのパワーを感じたのです。感じたのですから、仕方ありません。もう病みつきになった次第。(笑)

入院先の枕元にサイを置いておくのでした…。

 

母の手術も大成功、しかし退院後の薬漬けが良くなかったのです。顔色はドス黒く、しゃべることも変なこと、いわゆるボケ?って状況になりました。さあ~大変です!

「どないすりゃ~ええん!」

サイの出番です。母親を脅しながら(飲まないと生活費を一切やらん!)無理やり飲ませってことで

たった1か月余りで全く元通り、当しゃべりも普通に戻りました。母親が命がけで私に繋いでくれたのがサイってことです。

私が最初に飲んだ時の感想は喉が熱くなったという現象ですが、今になってなるほどと分かります。


ところで…プラチナは金属です。人体に必要なのっていうか、存在すらしていない金属です。

鉄分は必要じゃけどプラチナは…何での飲むの?塗るの?それがどうなの?どんな意味があるの?重金属で危険じゃないの?装飾品なら分かるけど…。(-_-;)

「プラチナが飲める?ウソじゃろ~」

見識のある理論派の方々から何度もお聞きしたメッセージです。

 

私自身、45歳のガソリンスタンドのイケイケお兄さんの頃、稼ぐことしか頭になく、精神世界の不思議ちゃんが大好きな好奇心旺盛が取り柄?短所?どちらにしても、とにかくサプリメントが大好き!毎月少なくても3万円~5万円程度の人気サプリを購入して飲む飲む。霊芝、海馬、朝鮮人参、イチローのS製薬の皇帝液、ローヤルゼリー、飲み過ぎで肝臓をやられてしまいました。(苦笑)

どんなものも、なぜか半年から1年で効果を感じられなくなりました。

 

なぜだろ~?

それはね、今になって分かるのです。私見ですが、体内に吸収され細胞と周波数が合致してしまうのですね、良い意味の刺激を細胞さんが感じなくなるのですね。逆に肝臓や腎臓は負担になってしまっているんですね。

私の場合、もともとが虚弱体質でした。毎年冬の季節になると扁桃腺が腫れて高熱を出します。直ぐにかかりつけの医院で抗生物質の投与、はい、即治ります(症状は治まります)。っていうことの連続でしたが、45歳の冬、抗生物質を服用したら身体全体に痒み、そして全身腫れあがったのです!男性にとって大切なアソコも!

「ぎゃ~、なんじゃ~、いったいどうなったんじゃ!」


自分の愚かさを自らの人体で知ることとなりました。モーレツに稼ぎたいと働き、休まず遊び、身体を酷使していたのですね。不摂生のたまものです。(泣)

答えは身体にある!そう、細胞さん達がちゃんと示してくれます。

私はこれから先、どうすればええのだろ…。アホですから、まだまだ同じ認識のまま過ごしておりましたが、そんな矢先に母親の心臓手術事件が起きたのです。生まれて初めての親孝行がご縁をくれました。

「なんと運のええ人、本当に守られていますね、あなたには8人の天使が守っています。普通は3人前後の天使なんですよ、本当に守られていますね~。」

パンタ笛吹さんご縁の米国コロラド州ボルダーのリークックさんのメッセージでした。この頃、予言者が大好きでした。(笑)まあ、今も好きかな?(^^♪

 

母親の心臓手術が無ければ、このサイ(白金コロイド)とは出会っていなかった、そして私の身体はボロボロになっていた、もしくは逝っていた…と思う。あ~なんと運のええことでしょう。(^_^;)


プラチナは日本国名で白金(はっきん)とも呼びます。白金をよく間違えて、ホワイトゴールドと呼ぶ方がおられますが、それは違いますね。白金はプラチナ!ホワイトゴールドはシルバーとゴールドの混合された貴金属です。初めの頃、そんな事でも混乱していました。(~_~;)

 

実は私は用心深い!本当に慎重な所があり、石橋を叩いても渡らないって言われた性格もあるのです。

ですから、saiをまず友人二人に試しました。一人は不整脈で病院通いの男性、もう一人は不眠症で悩んでいる男性、1か月分を無償提供しました。(無料でないと飲まない悪友たちです。苦笑)

結果は・・・オーライ!二人とも全快!何にもなかったように元気バリバリになったのです。

人体実験!OKです。(^_-)-☆


凄い!凄い!ただただ凄い!私はこれを本気で扱いたいと思い、女性気功師に連絡するのです。何としてもこれを世に出したい!ってね。(^_^)  女性気功師さん【Oさんと呼びます】のOさんですが、その旨を申し出たところ「貴方と私はご縁がある!」と言い、東京に出る機会があれば、ぜひ紹介したい人がいますって言われて、その月に上京しました。

 

当時、Oさんの青山の事務所、会えば分かるものです。身体が教えてくれました。開発者と会っている間、身体が熱くなり、汗が止まらないのです。冷房はしっかりと効いている1998年(平成10年寅年)6月19日、身体は正直です。(^-^;

 

そこから頻繁に上京が始まるのです。学生時代以来の東京です。好奇心旺盛な私は池尻三宿の笑う印鑑の山本印店さんにもお世話になりました。今もご健在でしょう…不思議な印鑑屋さんです。プラチナコロイドのsaiを活用した会社を興すときも印鑑をお願いしました。もらったメッセージは①損得のみで生きろ。②ボランティアはするな。③保証人に絶対なるな。④緻密な計算を立てて商いをしろ。⑤近江商人の三方良し!の哲学を大切にしろ。でした。(~_~;)

 

私の性格を的確に捉えていました。他人が喜べば、すぐに儲け無しで商いする癖。大雑把な計算、雰囲気で物事をしてしまう。保証人にもなってしまう。見事な指摘でした。

 

山本印店の主から、次のようなコメントももらっています。

「プラチナですか・・・比重の重たい金属ですね、この世の中でとても重い重要な働きをしないといけませんね、いい仕事ですよ、がんばってくださいよ。」


こうやってプラチナのsaiと出会い、今も黙々とお伝えしておりますが、やはり黙々とじゃダメなのかもです。中国四国地方にはまだまだほとんど浸透しておりません。声を上げて行動しないとダメですね。元気な身体をいただいている事に感謝しつつです。

 

中核都市「広島」八百万の神様の出雲、石見地方の島根、吉備の岡山、須佐の山口、伝説の多い地域です。何か拡がるような気配のする地域ですが…現状はクシュン…。(>_<)


このsaiですが、面白い事に田舎に拡がっています。山形、大分などのように大都市や工場地帯が無い地域です。なぜかって?やはり自然の音や風、空気、光などまだまだ自然界と繋がる環境があるからでしょうか・・・。


2018年、私の性格を知っている友人からのご紹介で、都内のある祈祷師さんの所に行く機会がありました。私は家族の相談で伺ったのですが、最初に私自身のことを見立てることされました。

そこで言われた言葉。いわゆる祈祷師さんが私になり変わるのです。お祈りをされた後に祈祷師さんは二人で掛け合いをされました。AさんとBさん、Aさんが私になってしまう方です。(^-^;

 

B;「あなたは何をしたいのじゃ」

A;「わしはの~、守らんにゃあいけんのじゃ」

B;「なにをを守ろうというのじゃ」

A;「う~ん、人々の平穏と幸せの世界を作り上げようとしている人たちじゃ」

B;「どうやって守るんじゃ」

A;「う~ん、今は影ながらまもるんじゃの~」

B;「影ながら守るんのなら、あなた忍者(隠者)じゃの」

B;「今はどんなことで、どうやりたいと思っているのじゃ」

A;「氣じゃ、人の電波を研究してるんじゃ」

 

・・・のような掛け合いを目の前で見せられます。もっと色々と続くのです。

 

私のやっていることですが、周りから理解されず、変人扱いされている。そんなことになっているようです。結構、的を得ているような気がします。それにしても凄いコメントを発していますね。笑うしかありません。(*_*;


電波・氣、そんな気功師の話題から数年後。インターネットは電波ですね。2020年になってネットからつながりが、どんどん始まっています。ほんまに不思議です。コロナ騒動がまさに全国に始まった3月、埼玉県から電波が飛んできました。埼玉は「彩の国」はい!サイの国です。私の勝手なイメージですが、ここから首都圏に伝播し、全国へ拡大していくのです。映画のように・・・。(^-^; 飛んでさいたま! 続く。